電話確認なしの消費者金融なら勤務先にバレないで手続きできる?

消費者金融からバレずに借りることは、実は難しくはありません。

その理由は簡単で、業者側が配慮してくれるからです。業者側としては多くの人に借りて欲しいと思っているのですから、バレるのが嫌だと思っている人が多ければ、それなりの配慮をしてくれます。

そのため、最近では電話確認なしのサービスが増えているのです。

 

電話確認なしで融資を行うことが、業者側にとってはリスクになると考えられます。

働いていない人が架空の勤務先を記入して申し込みをした場合、電話確認をしなければ収入のない人に融資をする可能性があります。

それによって返済がなされないと言ったことになる可能性もあるのです。このようなリスクがあることはあるのですが、ほかの方法でリスクを抑えています。

要は収入があることが分かれば良いのですから、それをほかの方法で確認できれば電話をしないこともあるのです。

 

具体的な例を見ていきましょう。

ある消費者金融では、申し込みの手続きの時に社会保険の保険証の提示を求めます。

本人確認書類として提示を求めるわけですが、このときに運転免許証ではなく、保険証を提示するように求められるのです。

普通に働いている人なら社会保険に加入して保険証を持っているでしょうから、それを提示できれば働いていることが分かるわけです。そのため、電話確認なしで審査に通るという仕組みになっています。

このようなサービスを利用すれば、会社に電話がかかってくることはありませんから、バレずに借りることはできるでしょう。

職場確認なしの消費者金融なら勤務先で借金契約のことが同僚にバレない!?

同僚に消費者金融から借りていることを知られたくないと考えている人は多くいて、そのために躊躇している人もいるようですが、それは心配のしすぎです。

というのも、消費者金融の中には、勤務先に電話をかけるという手続きを行わないところが多くあるからです。

 

まず知っておいて欲しいのは、電話で確認するという作業は、消費者金融にとってコストをかける手続きだと言うことです。

電話をかけるためには時間もかかりますし人材も配置しなければなりません。ですから、もしもしなくて良いのなら、せずにおこうと考えるのは自然なことでしょう。

それでも電話をかける理由は、ちゃんと働いていて収入のあることを確認しなければならないからです。

 

逆に考えれば、働いていて収入があることが確認できるのなら、電話をかけてこないと考えるのは自然なことでしょう。

そんなことがあるのかどうかというと、実はいろいろな方法で確認ができます。

 

例えば社員証を提示すれば働いていることを証明できるでしょう。

社員証は、働いているときには貸与されますが、退職するときには返却するのが普通です。

 

ですから、それを持っていれば働いていることが証明できるのです。

これなら電話がかかってきませんからバレずに借りることができます。バレずに借りる方法としては、できるだけいろいろな書類を提出することです。

身分証明書だけではなく、釈迦保険証や社員証、収入証明書などを提出すれば電話がかかってこないケースが多いです。